みなさん初めまして。伊原接骨院院長の伊原と申します。

はじめに私のことを少しお話させてください。

接骨院の先生を志すようになった経緯

私が柔道整復師(接骨院)の先生になろうと思ったきっかけは、
学校の部活や社会人になってからのスポーツで怪我をした際に
接骨院の先生によく治してもらっていて、
次第に「今度は自分が怪我をして大変な人を助けていきたい」と思い志すようになりました。

修業時代に学んだこと

修行時代は基礎的な技術から患者さんに寄り添う施術や心など沢山のことを学ばせてもらいました。
その学んだことを私の地元の地域の人のためになりたいと思い南流山に開業しました。

南流山で接骨院(整骨院)をお探しの方へ

みなさん色々なとろこの痛みで大変な思いされていると思いますが気軽に相談してください。
その方にあった治療を考えて痛みを和らげて良くしていきます。

伊原接骨院の治療理念や特徴

伊原接骨院は、日常生活で起きた痛みやスポーツで起きた痛みや障害の施術を得意としています。
患者様一人一人の症状にどれだけ真剣に向き合えるか。
「マイナス」のカラダを「ゼロ」に戻し「プラス」にしていく。
患者様との二人三脚の治療を心掛けております。

接骨院業界のことをご存知ですか?

1.接骨院(整骨院)はコンビニエンスストアよりも多い

皆さんはご存知かわかりませんが、法改正により数年前から柔道整復師の資格を持つ人が増えているのをご存知でしょうか。
今や、接骨院(整骨院)の数はコンビニエンスストアの数よりも多く、業界全体が飽和状態にあります。
これだけたくさんの接骨院があったら、どこに行ったら最良の治療が受けられるのか分からないですよね。

2.そもそも接骨院とはなに?

接骨院(整骨院)で治療をする手法を「柔道整復術」と言います。
もともと柔術の中に「殺法(さっぽう)」と「活法(かっぽう)」と言うのがあるのですが、ご存知ですか?
殺法は、敵を倒す技。活法は、蘇生する技です。
後者の活法こそ接骨院で行われる柔道整復術の基礎なのです。
骨折・脱臼・捻挫・打撲などの応急処置・整復こそ接骨院が本来行うべく施術です。
柔道整復師は、筋肉・骨・関節のスペシャリスト。
日常生活やスポーツをしていると、「ぶつけたり」「ひねったり」「抜けたり」色々あります。
そんな時に柔道整復師が運営する接骨院(整骨院)を利用して頂ければと思います。

3.骨が接(つ)げない柔道整復師が多い現実

近年、接骨院業界で問題になっている話なのですが、
骨が接げない柔道整復師が非常に増えています。
理由は、現場経験をあまり積まずに独立してしまう人が増えたからです。
また、本来治療を目的とするはずの接骨院が「もみほぐし屋」のような施術ばかりを行う傾向にあるのも原因だと言われています。
痛みを抱えて別の接骨院(整骨院)に行ってみたけれど、対応できないと断られた方が当院に来院する方がよくいらっしゃいます。

4.この症状は接骨院(整骨院)?病院?どちらに行くべきなの?

病院と接骨院は、それぞれ特徴があります。
接骨院は、人間が本来持つ自然に痛みを治す自然治癒力を最大限に高める施術を行う場所です。
病院は、レントゲンが必要な症状に対して有効で、薬や湿布の処方をしてくれます。
先ほどお話ししたように接骨院(整骨院)にも治療よりの整骨院と、リラクゼーション寄りの整骨院がありますので目的に合った場所を見つけて来院することが大事だと思います。

5.伊原接骨院の治療方針

伊原接骨院の治療の方針としては、痛みの治療はもちろんのこと、痛みが出づらい体作りを提供するをモットーにしております。
スポーツで起きた痛みや、日常生活の中で起きた痛みは繰り返す事が多いものです。
伊原接骨院では、痛む箇所だけに着目するのではなく、なぜ痛めたのかと言う原因にも着目して治療を行います。
時には体幹を鍛えたり、柔軟性を上がるためのストレッチなどのリハビリも取り入れ、患者さんが元の生活以上の体になれるように最良の施術をご提供いたします。
また、押しつけがましい施術を提供するのではなく、患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら進めていく事も大切にしています。

6.最後に

どこに行っても改善されなかったその痛み。諦めないでもう一度当院で一緒に頑張りませんか?
ご来院お待ちしております。